0%

起きたこと

  • 寒い!

OpenTTD

都市の発展に一番効くのは土地の広さだった。
なんというか、色々と脱力してしまった。 その代わりに宛先システムをONにすると
定期的に駅の評判が悪くなってある時突如に赤字になるというイベントが発生するようになって
(ボトルネックが発生してそれを放置したためで意図したイベントでは無いと思うが)
変な緊張感が出てきた。 1900年スタートで 1964年まで進んだ。

Raspberry pi zero と 4DPi-32 (rev2ではない)

どうにか動かしてくれって押し付けられた。つらい。

リングフィット

  • なし

TODO

  • サーバーのファン交換(12cm)
  • ゲームPCにファン増設(サイド8cm, フロントなら8cm or 9cm)
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyのロゴ部分を点滅させるようにする(IPとカブってる)

起きたこと

  • 寒い!

Elite:dangerous

ここ数日ずっとハマっている。お金がなさすぎたのでRobigoにいって旅客運送してる。
あっという間にお金が溜まって、ORCAを買ってきてさらに旅客運送してる。
とりあえずエンジニア改造しないとFSDの距離が短すぎてつらい。
最初、Pythonの武装済のやつで移動していたら1ジャンプ15lyくらいしか飛ばなくてほんっと
移動に時間かかった。Meta-Alloyを運ぶところで4回やり直しになったときはもうやめようかと。
6A Fuel Scoopつけて武装類全部はずして20lyくらい飛べるようになったらだいぶ楽になった。
ORCAは最初から武装を全部捨てて旅客仕様にしているので25lyくらい飛べる、こりゃ楽。
友好度がallyになると5,6件出てきたりしてこりゃ楽ね…
とりあえず1億くらい稼げたけどもっと稼いでとりあえずエンジニア改造勧めたいなぁ…

あとは、Krait PhantomとAnacondaを買ってきて乗り回したい感じ。

リングフィット

  • なし

TODO

  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る
  • サーバーのファン交換(12cm)
  • ゲームPCにファン増設(サイド8cm, フロントなら8cm or 9cm)
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる

起きたこと

  • 昼間は温かいのに夜寒い!

ログ取り込み見直し

フロントのnginxのログが取り込まれてなかった。filebeatのmoduleは有効になっていたものの、
nginxのログを /var/log/nginx/{access.log, error.log} に変更していたのが原因。

Jenkinsジョブの一部をdeclarative pipeline に変更

Scripted Pipelineで書いていたけど推奨されない書き方なのでやってみた。
確かに形式がカッチリ決まっていて良いかもしれないけどちょっと冗長な気もする。
変数の定義がよくわからなかったのが使いやすくなった。

バックアップジョブが壊れていたのを修正

zabbixのDBバックアップが壊れていた。postgresを入れ直したのにpg_hba.confを書き換えてなくて
pg_dump -U user が失敗していた。

リングフィット

  • なし

TODO

  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る
  • サーバーのファン交換(12cm)
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる

起きたこと

  • 昼間は温かいのに夜寒い!

OpenTTD

割と設定がいい感じに行ったので覚書

ゲームオプション

  • 行き先設定あり、非対称
  • 災害なし
  • 初期の借金 500000ポンドまで
  • 1900年スタート(1915年くらいにするべきかもしれない。鉄道までが遠かった)
  • 第一次産業の出資可能(出資ではなく調査まで)
  • 一つの町の中で産業の重複許可
  • 飛行機の速度 1/1

newgrf

  • BSIP (経済拡張)
  • 1000 x 1000 温帯マップ
  • BaseCost Mod
  • UK Road vehicle
  • Simple City builder (乗客 5 、郵便物 5、商品 5 / 1000人、ゴールは5万人)
  • av8 airplane

ポイント

Simple City builder周り

  • 品物ごとに有効無効のチェックがあるが、機能していないので数量を0にしないとダメ
  • シナリオを作って使用する場合は、シナリオエディタに入る時点で設定を済ませないとダメ
  • シナリオをマルチでプレイする場合は、一旦シングルでシナリオをスタートさせて、CityBuilderが機能しているかどうか(Cityに .: City :. 表示がされているかチェック)して、すぐにセーブし、そのデータをロードしてマルチプレイしないとCity Builderが効かない
  • マルチプレイ時(?) ホストになるプレイヤーに毎月、HQを立てろというメッセージがでるが無視する必要がある。

なんでこんなにバグバグなのを使うのかという感じだけれども、これが 2017年更新で一番新しい…

BaseCost Mod 周り

ゲームバランスが標準だとぬるめなので厳しい方向に調整していく。

  • 鉄道・船・飛行機の維持費4倍。後半、全部鉄道でOKになるのが嫌なので、バス・トラックを優遇。船、飛行機はなんだかんだで収益力が高いので同じく4倍。
  • 土地の上げ下げ32k倍。 これは土地の上げ下げを普通の値段にすると後半は全部更地にしていけばいい。っていう状態になるので、いっそのこと土地の上げ下げができない値段にしてしまえ。という設定

uk road vehicle

幅広い年代のバス、トラック、トラムが入ったnewgrf。1900年スタートだと鉄道が使えない(1926年まで鉄道は使えない)
ので、これが入っていないとにっちもさっちもいかなくなる。バランスが崩れるような車両は入っていないので、安心して導入できる。

BSIP

経済拡張。発電等で生産効率が変わるようになる。
新しい産業は特にない。
が。。これを入れて1900年スタートにしてしまうと運べてない産業がバタバタと閉鎖してしまう問題がある。
オプションの発電所をすべての町に作る。にチェックを入れておくべきだった。
Production Rateが0%になってしまうと救えない(材料をいくら入れても生産できないし、そのうち閉鎖する)

まとめ

1900年〜1920年くらいまでの間、トラムを使わざるを得ない状況になる(馬車の旅客運送が1904年くらいにできなくなり、バスも登場しないため)が、これが意外と面白かった。
鉄道とトラムの違いがあったり(Uターンさせる場所を確保しないとトラムはターンできないとか)、速度が違うバスと入り混じって渋滞が起きたり、2マス連結のトラムがあったり、新鮮だった。

何より、道路運送しかないので隣町が非常に遠く感じる、時速35kmとかなので本当におっそい。輸送量もほどほどなので台数が増えるので管理をある程度しないと混乱する。

1920年くらいからバスが35km/hくらい出るようになるのでトラムが不要というかほぼ不要になるが、既に引いてしまったトラムどうするの?という問題に直面するようになる。トラムは道路に併設できるが、あと数年で鉄道も使えるようになるので、専用軌道にしてあれば鉄道化が楽になるが、鉄道は維持費が高くなっているので変なところに引くと赤字になる。

1930年くらいまでプレイしたが、トラムを鉄道に置き換えるか、あえて問題を先送りするかという葛藤がおきて面白い。(トラムは2000年くらいまで使えるが性能が上がらず、バス、トラックに負ける)
マルチプレイしたが、おおよそイーブンの状態なので、来週続きをプレイする予定。

リングフィット

  • なし

TODO

  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る
  • サーバーのファン交換(12cm)
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる

起きたこと

  • 昼間は温かいのに夜寒い!

バイクの売却

24万円。50万円で買って5年間所有して、1000km走って半額戻ってきた。
そう考えると割とかなり満足。買った店にそのまま売ったから。というのもあるんだろうけども。。
次にバイクを持つなら小型の125ccとか250ccくらいだろうなぁ…

バイク保険解約

電話で解約した。中断証明書を出してもらってるので10年は等級が維持できるみたい。
掛け金の半額くらい戻ってくるので満足。

リングフィット

  • なし

TODO

  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る
  • サーバーのファン交換(12cm)
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる

起きたこと

  • 昼間は温かいのに夜寒い!

バイクの買取依頼

とりあえず適当に査定をお願いした。明日査定くる。
メールでは希望の金額は出せると思います的な回答だったけど、まぁ多分
希望金額の2/3くらいだろうなぁ…希望の半額だと無理っていう感じだけど。どうだろ。

にしても、よく考えたら税金+保険料+駐輪場の値段で月1とかでカーシェアを借りて
ドライブするくらい余裕でお釣りがくるくらいかかってるんだよなぁ。。。と感じた。
でも何より、バイクあるのに乗ってないっていうのが微妙に嫌な感じがしてその感じが
嫌だったっていうのが割と大きいかもしれない。

iPhone7の液晶修理

…失敗した。液晶交換してブートループになるって一体…
ホームボタンのケーブルを切っちゃった時点でテンションが萎えちゃったので
なんかやらかしてるとは思うけれどももうわからない。

イオシスで中古価格を見てみると、iPhone8でも2万円くらいで購入できそうなので
とりあえず、しばらくはOPPO A5 2020を使ってみてどうにもならなかったらiPhone8の中古を
買おうと思った(PRODUCT RED 64GBで2万円とか安すぎる)

楽天モバイル

nanoSIMに切り替えてOPPO A5 2020 にSIMを刺したら普通に使えてしまった。
APNは登録されていないので手動登録だったが。。
にしても、APN rakuten.jp だけ設定すればユーザー名もパスワードもなしで通るのは斬新。
あと、楽天モバイルのSIM、電話番号が入ってないという認識をされるのも新鮮だった。
(楽天LINKじゃない通常の通話は不可!?)

リングフィット

  • なし

TODO

  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る

起きたこと

  • さむーい!

ベランダ使用不可

まだ乾燥中 again。雨かわからないけれどもベランダが濡れてしまっているので
1日延長、本当なら今日取り込んでいいはずなんだけれども明日にする。

lambrollのaurパッケージ

ついに意を決してsubmitというかpushした。twitterでつぶやいたら、作者さんがいいねしてくれたので
とりあえず、おうおう、何勝手にパッケージ作っとんじゃいという怒られは発生しなかった。よかった。
(AURのパッケージはソースもバイナリも一切含まなくて、インストール手順とかパッチだけが入ってるので
 怒られは発生しないのだけれども、overgrive https://aur.archlinux.org/packages/overgrive/ みたいな
 意味のわからないクレームは発生しているので)

https://aur.archlinux.org/packages/lambroll-bin/ 初aurパッケージ

kubernetes with cri-o

kubernetesでdockerが非推奨になる(といってもサポートから外れるのは2021年末だし、まだ慌てる必要はない)
ので、cri-oで試してみることにした。

1
2
│   Warning  FailedCreatePodSandBox  3m59s (x69 over 19m)   kubelet, kubeworker4  Failed to create pod sandbox: rpc error: code = Unknown desc = container create failed: containe  
│ r_linux.go:344: starting container process caused "error adding seccomp filter rule for syscall _llseek: requested action matches default action of filter"

cri-o のdebian / ubuntu 向けリポジトリには cri-oが1.17までしかない。
cri-oのバージョンとk8sのバージョンは一致しないといけないので、k8s 1.19にはcri-o 1.19が必要。
ということでcri-oは諦めた。 CentOSとかFedoraを使えばいいという話なのだが、CentOSのパッケージのふるさはつらい。
…ワーカーノードなのでそこは気にしなくて良い気もするが。

kubernetes with containerd

公式の手順+α
https://docs.docker.com/engine/install/debian/#install-using-the-repository
https://github.com/kata-containers/documentation/blob/master/how-to/how-to-use-k8s-with-cri-containerd-and-kata.md#install-kubernetes

dockerからの切り替え、もしかしたらkubeletのオプション変更だけでいけるんじゃないか…
念の為 kubectl delete node してから kubeadm join で再joinした方がいいだろうけども
まぁ、このあたりの手順はおそらくこれから出てくるだろうし、様子見でいいと思った。

kubeadm join

masterで kubeadm token create --print-join-command するとワーカーノードで実行すべきコマンドを表示してくれる。

リングフィット

  • なし

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る

起きたこと

  • さむーい!

ベランダ使用不可

まだ乾燥中 again。

Mastodonメンテナンスジョブ

Webのコンテナで tootctl accounts cull とかをやっていたらこの前設定したresource limitにひっかかって
killされてしまった。仕方ないので、jobをkubernetesにapplyするように変更した。

リングフィット

  • なし

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る

起きたこと

  • さむーい!

ベランダ使用不可

まだ乾燥中。

chinachuをk8sに載せ替え。

昨日からやっていたやつ。 iSCSIをやめてNFSに変更して、書き込み先をTrueNASで共有するという仕掛け。
EPGStationに乗り換えも考えたけれども、一度に2つのことをやるのは悪手かと思ってやめておいた。
これでまたVMが1台減った。

OpenTTD

行き先システムと、インフラ維持費をONにしてからというもの毎度破綻している。
2001年スタートで10年くらいは調子が良いのだけれども、12年目くらいから業績が傾いて、15年で赤字で首が回らなくなる感じ。
どうも線路がつながって経路が増えたときに、最初の方に整備した路線の増強とかをやらないと駅に人が集まらない or
人が集まっているが行き先が違うので滞留→評価下がる→輸送日数が伸びて輸送料低下→ジリ貧
というループに陥ってる気がする。あと、最初の方に購入したバス・トラックが更新時期になったときに費用が出せないとか
そういう感じ。次回は1850年スタートを試す…かもしれない。

リングフィット

  • なし

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る

起きたこと

  • さむーい!

ベランダ工事

今日は工事最終日。とは言え、しばらくベランダ使用不可らしいのであれなんだけども。

サーバーのファン交換

リングフィット

  • TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる
  • サーバーのファン交換
  • lambrollのAURパッケージを作る

起きたこと

  • めっちゃ寒い、めっちゃ眠い。で昼寝したら2時間も寝ちゃった。

ベランダ工事

今日は工事なし。

Radeon RX560

Option "TearFree" "true" を書くとログインしてから数分〜数十分で画面がフリーズしたりして
しまうという現象が発生したので、この行を削除した。
xrandr --output DisplayPort-0 --set TearFree on
を実行すれば望む結果が得られてフリーズもしないのでこれで行くことにする。

上野屋

ロングコートが欲しくて見に行った。すごくよかった…
家にあるのと似てるけどサイズがいい感じなのがあったんだけれども、カブってるしなぁと思いながら
悩んでけど、一度保留にした。
…そして家にあるコートをみたら… 着れるけどやっぱり着れないし、袖の長さも足りてない。とのご指摘。
こりゃ、買いに行こうかなぁ…

リングフィット

  • 風車連続で腕がひさーん。

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する
  • chinachuをk8sに乗せる

起きたこと

  • めっちゃ寒い

ベランダ工事

今日は工事

Radeon RX560

RX560の中古を入手した。(7000円)
その後、RX580余ってるというお話があって正直涙目になった。
で、導入してみた結果… なんか表示がなめらかな気がする。
とても普通に動いている。ハマったのは…

  • nvidia-settings で設定した /etc/X11/xorg.conf の設定は全部消す
  • amdgpu.dc=1 をカーネルコマンドラインに追加
  • /etc/X11/xorg.conf.d/20-amdgpu.conf に以下を記述。TearFreeを書かないとFirefoxのタブバーにマウスカーソルがあるとちらつく。
1
2
3
4
5
Section "Device"
Identifier "AMD"
Driver "amdgpu"
Option "TearFree" "true"
EndSection

2020/11/29 このTearFree True の行を書くとフリーズしたりするのでやめた。

TTGO T-Display

TFT-eSPIライブラリの設定方法がいまいちというか、ヘッダファイル書き換えろ。ってなっていて
ものすごく嫌な感じなので他のライブラリを試しているが、全然動かない。こまった。

リングフィット

  • 22分もやった。超がんばった。

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する

起きたこと

  • めっちゃ寒い

ベランダ工事

今日は工事

Radeon

Linuxドライバamdgpuが安定しているらしいというのと、作業用PCに挿している
GeForce GTX1060をゲームPCに戻したいので適当なグラボが欲しくなってきた。
nvidia-smiによると、VRAM 2GB以上使用しているので最低でも4GBのVRAMがあるやつ。
で探した所RX560がよさそう(やすいし)

リングフィット

  • 休み。なんか工事のせいでタイミングつかめない

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する

起きたこと

  • 晴れててあたたたかい

ベランダ工事

防水塗り直しが始まったっぽい。

Switchbot

昨日から不調だったけど、AWS障害らしい。
ついでに、Switchbotプラグの消費電力を取得したかったのでBLEを勉強してみる。
…ある程度勉強してから気づいたんだけれども、SwitchbotプラグはWiFiオンリーだった。
これはSwitchbotアプリから該当するデバイスの設定画面でWiFiとかBLEのMACアドレスが表示される
ところに、WiFiしか表示されていなかったのと、SwitchbotプラグのMACアドレスが、Espressifのもので
おそらく、内蔵してるのはESP8266と思われたため。ESP32なら希望はあるけれども。
とりあえず、BLEスキャナ(スマホアプリ)を起動しながらSwitchbotプラグをコンセントから抜き差し
した限りでは、BLEは搭載していない。という感じだった。
(サポートページにBLEも積んでるっぽい表現があるけれども、流用した際の誤記だと思う)

Switchbotその2

あきらめてサポートにメールで問い合わせてみたら、1~2時間で返信がきて、そういう機能はない。
ということがわかった。ただ、開発TODOリストには入れた。ってことなのでもしかしたらつくかも。
ついたらいいなぁ…

Bluetooth Low Energyの勉強

  • 2402MHz 〜 2480MHz まで 2MhHz幅で40chある。(37, 38, 39が間に挟まる)
  • ch 37〜39 はBLEのディスカバリと接続の制御用
  • BLE通信ではセントラル(マスタ)とペリフェラルの役割がある

liveness probe

liveness probe設定してたら、環境変数読まないじゃんかこれぇと思ったら…

1
2
3
4
5
liveness:
command:
- /bin/bash
- -c
- pg_isready -U ${POSTGRES_USER} -d ${POSTGRES_DB} -h localhost

って設定したらいった。そりゃそうだ、環境変数の置換はシェルの機能だわ。
ちなみに、pg_isready は存在しないユーザーを指定してもDBが稼働してれば正常終了する。
ただし、ログに role “root” not found. みたいなのが出てしまってとてもウザい。

Postgresqlのバージョンアップ

https://github.com/tianon/docker-postgres-upgrade

Dockerにしてしまっていると、バージョンアップが超めんどくさい。
具体的には、postgresqlの旧バージョンと新バージョンが両方インストールされていなければいけないのと
データファイルの領域が実使用量の倍必要という…上記のコンテナ使えば少し楽にできそうだが…

リングフィット

  • 休み。なんか工事のせいでタイミングつかめない

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する

起きたこと

  • 雨だわ寒いわでえらいこっちゃ

ベランダ工事

雨なのでなし。睡眠時間が多く取れて良かった。

みかん

届いた。おいしい!

リングフィット

  • トライセプスがきっつい

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する

起きたこと

  • 今日からベランダ工事

リングフィット

  • 明日がんばろ

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる
  • EnvBoyにmDNS機能を追加する

起きたこと

  • 連休だったのでちょっとお出かけ。

服を買った

P’PARCOに愛用してるブランドが入っていたので、インナーに着る服ないかなぁと思って
見ていたらこれは…というのを見つけたので衝動買い

香水を買った

ずっと使っていた香水がなくなったのでリフィルを買った。
この香水、買ったの2年前とかだった気がするけれども… まったく同じ香りがまだ売ってて良かった。
AUX PARADIS の フルールという香り。

ルーター入替

OpenWRT化したWSR-1166DHPからIX2215に入れ替えた。
MAP-Eになったので速度も速くなって満足。いつでも切り戻しが出来るようにONUをVLAN切って
HUBに入れているので平衡稼働とかが楽でとても良かった。

iPhone電池交換

ルーター入替に成功して気分がよかったのでついでに実施。
防水用の接着剤が硬いのでドライヤーで温めるところだけ頑張ればあとはYouTubeの動画をみて
その通りにやればできる。また開けることがあるだろうから防水用のシールはしてない。
そもそも防水をそこまで求めていないし… なんだかんだでiPhone7は軽くてほどほどサイズで気に入ってるかもしれない。

リングフィット

  • 三連休一回もやらなかったー

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え
  • IX2215のsyslogをelasticsearchに入れる
  • EnvBoyのESP32のやつを焼き直して本番に戻す
  • ESP32のBluetooth回りを触ってみる

起きたこと

  • 東京のコロナ感染数400超えを見てうわぁ・・・となるなど。

EnvBoyX

昨日、ESP8266でもコンパイルが通るようになっていたが、実機で動かしたら見事にバグっていたので修正。
とりあえず動きそうなので v2.3タグをつけた。
液晶の明るさ調整がほしかったので実装。v2.4に実装する予定。
なのだが、WeMos D-Duino (ESP8266+SSD1306)では明るさ調整が成功するものの、ESP32+SSD1306では明るさ調整を
行うと画面表示が壊れるという謎現象が発生している。
仕方ないので、明るさ調整と液晶ON/OFF両方実装しておいて上手く動く方だけ使うみたいな感じにする。
(液晶制御ライブラリを変えて試してみてもいいかもしれない。今使っているのは https://platformio.org/lib/show/562/ESP8266_SSD1306
ダウンロード数だけで見るとAdafruitの方がかなり多く、次点のU8G2はMicroPythonで使った記憶がある。
…なんでこのライブラリを使っているかというとただ単にArduino IDEのときの名残でしかないので特にこだわりはなかったり。

リングフィット

  • 夜にやると目が冴えちゃうので昼前にやることにした。

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え

起きたこと

  • 東京のコロナ感染数500超えを見てうわぁ・・・となるなど。
  • って何この爆発…まずくない?

TTGO T-Display

aliexpressで注文していたのが届いた。
想定していなかったけれども、基盤にボタンがついてるのもいい、リセットボタンも推しやすい。
https://sites.google.com/site/jmaathuis/arduino/lilygo-ttgo-t-display-esp32

帽子屋さん

秋葉原のKnowledgeに行って帽子を調整してもらった。
…普通に帽子の裏にマジックテープがあって、それで調整できる仕掛けだった。
ただ、これでももっと広げたいなら機械使って広げれるよとのこと。
めちゃくちゃいい店主さんだった。

例のHDMIキャプチャ

Shigezoneさんで買ってきた。使いみちは…なんだろう。
一眼から画像流しちゃうとか?

リングフィット

  • やすみ

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え

起きたこと

  • 東京のコロナ感染数400超えを見てうわぁ・・・となるなど。

autorandr

ディスプレイ電源OFFから復帰後に二枚目のディスプレイのスケーリングが1x1になってしまうので、
いつも xrandr --DP-5 --scale 2x2 って叩いていたのでautorandrを入れてみた。

IX2215

configを作り始めた

リングフィット

  • TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 落札!
  • 秋葉原にお買い物
  • IX2215設定
  • IX2215に入れ替え

起きたこと

  • 燃えないゴミで色々捨てれた。やった。

EnvBoyX

コンパイルは通るようになった。

Simutrans

開発リードが変わって色々変わっていきそう。。とは思うものの、
PAKSETの開発がPAK128.GermanとPAK64しか更新されていなくて厳しそう。
PAK128.German自体はとてもやりやすいバランスで良かった。
PAK128.Japanは…なんというかゲームとして厳しい(難易度高すぎとか鉄道の選択肢が細かすぎるとか色々と)

OpenTTD

かなり前に目的地システムみたいなのがあったなぁと思って調べてみたら、
とっくにマージされていた。マージされているけど、デフォルトでは無効だった。
オプションから変更すれば有効にできる。次回のプレイが楽しみ。

リングフィット

休み

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配 -> 入札中

起きたこと

  • ロケットとんだ。宇宙服がスマートになっててスターウォーズの世界に近づいてる気がする

身体がだるい

睡眠不足かもしれない。
あと週末の予定を調整した。

JetbrainsのIDE

Global menuに対応しているはずなのにGlobalMenuに反映されない。
色々調べてみたら 2020.2.1でデグレして書いてる時点での最新の 2020.2.3 でも直っていない。ということらしい。
linux.native.menu を設定しろ的なのは標準で設定されているので特に何もする必要はない。
修正中ということらしいのでそのうち治る…と思いたい。

EnvBoyX

ESP32 / ESP8266どちらでも動くように意識して書いていたつもりだったけれども
ESP8266用でコンパイルしたら見事にコンパイルがコケた。
あっちゃー

リングフィット

休み

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配

移行について

きっかけ

Globalmenu(画面上部にメニューバーが出るやつ)がどうしても使いたかった。
Gnomeがなんか微妙というか、デザイン的にすごく微妙な感じがしてきた。例えば

  • 標準だと時計が真ん中にあって意味がわからない(拡張で変更可能)
  • 左側にあるActivityが使いにくい(拡張で変更可能)
  • トップバーという一等地にあるのに無駄に隙間ばっかり

だけれども、一番の不満はGlobalMenuが使えないことだった。
追記:GnomeでもGlobalMenu自体は使える模様。ただし、Gnome自体はメニューバーを使わないUIが推奨っぽい。
標準のアプリケーションはすべてハンバーガーメニューになっている。

移行

もともとはUbuntuを使っていたが、KDEは気になっていて、KDE neonを試してはいた。
ただ、HiDPIにしたときGUIからモニタごとの拡大率が設定できない問題があって毎度挫折していた。

ディストリ選定

.debか.rpmを扱えないディストリだと後々面倒(アプリがない)になるのがやだなぁというのがあり、Kubuntuにしようかと一瞬思ったが、
KDEは現在進行系でHiDPI周りの修正が入っているというのと、Waylandへの移行も進行中ということで、KDEの最新に追従したい。
とすると、KubuntuよりはKDE neon? Fedora KDEスピン?
…よく考えたらArchにすればすべて解決では?大体のソフトウェアはリポジトリ化AURにあるだろうし。ということでArchにした。

HiDPI問題

方向性として、対応は3パターンある。

  1. Wayland
  2. Plasmaに拡大をさせる
  3. Plasmaに拡大をさせない

結論は3にしたんだけれども、不採用の方から書いていくと

WaylandでKDEを使うと、今の所安定性があまりよくないのでなし(突然フリーズしてログイン画面に戻ったり、固まったりする)

Plasmaに拡大をするのは PLASMA_USE_QT_SCALING=1
/etc/xdg/autostart/org.kde.plasmashell.desktop のplasmashellを指定しているところにつければ良い。
https://phabricator.kde.org/T8177
が。これをやると画面上部にパネルをおいた場合に、ウィンドウを最大化するとパネルの下に潜り込んだり、パネルに配置したウィジェットの位置が変になったり…
さすがデフォルトで無効にしているだけあって変な動きが多発する。

最終的にやったのは…

  • グローバルスケール200%
  • xrandr でスケーリングを指定
  • フォントDPIを192dpi(フォントDPIを変更するとグローバルスケールを使え。って表示されるけれども、グローバルスケールだけだと文字が小さい)
  • ~/.xprofileexport GDK_DPI_SCALE=2 を指定
  • フォントサイズの指定は少し調整
  • ~/.config/chromium.conf--force-device-scale-factor=2 を指定している

インストールしたもの

  • Latte Dock

解決できた問題

問題:chromiumを開くと KDE Wallet がパスワードを要求してくるが、何を入れても通らない

解決策:KWallet Managerから標準で作られている kdewallet を使って適当なウォレットを作って、一度 kdewallet を削除する。
その後もう一度 kdewallet を作る。暗号方式はbrowfishを選択する。(作成するときにパスワードを聞かれるのでユーザーアカウントのパスワードと一致させる)
ウォレットの名前を kdewallet にしておくのはなんか標準の名前じゃないとだめなパターンがあるみたいなので合わせておいている。

問題:vscodeからssh鍵を使ってgithubにpushできない(git: sshaskpass exec… というエラーがでる。ターミナルから git push はできる)

解決策:

以下の内容のファイルを ~/.config/plasma-workspace/env/ssh-agent.sh に作成して
chmod +x ~/.config/plasma-workspace/env/ssh-agent.sh した上で再起動する。

1
2
3
#! /bin/bash
export SSH_ASKPASS=/usr/bin/ksshaskpass
/usr/bin/ssh-add

既知の問題

  • なんかGlobalmenuのフォントが怪しいような…

その他

OverGriveの作者がaurのページであちゃーな書き込みしててげんなり。
OverGriveのページでもaur使うなって書いててなんだかなぁ…
$5で安いのは良かったんだけど、さすがにこの姿勢は許容できないのでInsyncを検討する羽目になった。
https://aur.archlinux.org/packages/overgrive/

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配
  • InSync評価

起きたこと

なんかダルい

体がだるい感じが抜けない。なんだろうこれ

窓枠の調整

大きな窓が閉めたときにきっちりしまっていない(上側が浮いてる)のに気づいたので、調整してみた。

https://www.kondo-gr.co.jp/be-side/30_one_point/care/07/

うちのとは異なるが大体こういう感じ。必要なのはドライバー一本だけ。
調整した結果、なんか外の音が小さくなるわ、エアコンの効きは良くなった気がするわですごい効果が高い(気がする)

ブログ移転

WriteFreely、Markdownの解釈も微妙なところがあって例えば

  • タスク形式 - [ ] が解釈できない
  • 段落と段落の間に文章がないと描画がおかしくなる?
  • 列挙の前に改行がないと変になる?

あと、UIがいまいち…これはシングルユーザーモードにしていたせいもあると思うのだけれども。
draftに保存したあと、publishするときの画面遷移がなんで?っていう感じだったり…
地味な不安が溜まっていたので、以前使っていたHexoに戻した。
これだと画像貼るのが超面倒なんだけれども、雑記の方に画像を貼るのもレア事象だと思うのでまぁ…ということにした。
副作用として、過去の記事も全部復活したのでいきなり大量の記事が復活した。

リングフィット

休み

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配

起きたこと

なんかダルい

体がだるい感じが抜けない。朝も起きれないし

倉庫部屋の窓にフィルムを張った

倉庫部屋に続くドアを開けると異様に寒いので、窓の断熱をどうにかするためにフィルムを張ってみた。
しかし、この窓は針金入のガラスなのでガラスに貼るフィルムは使えない。

なので、ガラス自体ではなく窓枠に張るタイプのフィルムにした。
出窓的な窓であれば、これ一つで2窓(ようするに一箇所の引き戸両方)貼れる。
ベランダとかに出るような大きな窓なら1フィルムで1窓(引き戸なら2フィルム必要)

リングフィット

プランクがつらいのはやっぱりかわらない。あと、二の腕系がめちゃくちゃつらい。

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配

起きたこと

デザフェス行きたかったけど例のコロナが怖くていけなかった。。
後遺症残るとか聞いたら怖すぎてリスクがデカく見える

OpenWRT

IPv6を通した。
https://blog.nerves-concord.io/openwrt-ipv6-to-lan-without-hikari-denwa/

パックマン Championship Edition2

ゲームPCに入ってたのを思い出してちょっとやったらハマった。

zabbix復活

Raspberry Pi 3Bに入れていた Zabbix 5.0 を 5.2にアップグレードしたら、zabbix-serverがDBをマイグレーションする時に異常終了してしまい(double freeみたいなエラーメッセージ)、中途半端DBバージョンとなってしまって、立ち上がらない状態になっていたのを修復した。
なお、これは公式のaptレポジトリから入れたzabbix5.2で起きている。ソースコードからRPi3上でzabbix-serverをコンパイルして試してみたが、同じ結果だった。
DBのバックアップをとっていなかったので(アカン)、armhfでのテストがされてないだけでさすがにx86_64なら行けるだろうと踏んで、以下の手順で修復した

  • RPi上の中途半端な状態のDBをダンプ (pg_dump -Fp zabbix)
  • ダンプをx86_64なdockerが使えるホストに転送
  • dockerでpostgresql(バージョンをRPiに合わせる)とzabbix-serverを構成する(docker-composeファイルをおまけにつけておく)
  • docker上でpostgresだけ起動してダンプをロード、zabbixユーザー、DBが必要なら作る。(必要なはず)
  • zabbix-serverを起動してDBマイグレートさせる。
  • docker上のpostgresのDBをダンプ
  • RPiに転送して取り込み
  • RPi上でzabbix-server を起動する
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
version: '3.3'

services:

server:
image: zabbix/zabbix-server-pgsql:ubuntu-5.2-latest
environment:
DB_SERVER_HOST: db
POSTGRES_USER: zabbix
POSTGRES_PASSWORD: example

db:
image: postgres:11
environment:
POSTGRES_PASSWORD: example
ports:
- "5432:5432"
volumes:
- ./postgres_data:/var/lib/postgresql/data

サーバー証明書の更新をJenkins化

cronで処理していたが、ド忘れの原因になるしログが残らないのでJenkins側で処理するようにした。

kubernetesのresource

k9sで見ているとresourceが記述されてないpodが多くて%CPU/R, /L とか %MEM/R, /Lが0になってしまって寂しいのと、ノードの偏りがあるのでresourceをできるだけ記述していっている。 ESXiのノリでcpu: 2000M とか書いたらスケジュールできなくなって焦った。
cpu値は、1秒あたり処理に使える時間(ms)なので cpu: 1000m と書いたら1CPU占拠まで。2000mとか書けばCPU2個使える。

リングフィット

オババが腕、足、腹筋全部に負荷をかけてくるのでしんどかった

TODO

  • 衣替え
  • IX2215手配

起きたこと

歯が痛くない!

歯医者キャンセル

あまりの痛みに別の歯医者に行ってしまったので前の歯医者の予約をキャンセルした。
(人柄が)いい先生だったので残念ではある

OpenWRT

19.07.3 -> 19.07.4 にバージョンアップしたらLuciからPPPoEが消えてしまった。
接続はされているようだし、ダッシュボードには表示されているので動いてはいるけれども、これは設定を保存した瞬間にPPPoEが消えるやつでは…?

Arduino

Linux版のArduino IDEがつらいので、PlatformIOに移行しはじめた。

リングフィット

プランクがつらいつらい

TODO

  • 衣替え

起きたこと

朝から歯が痛くて泣きながらロキソニンを買いに行った。

歯医者

痛くてたまらないので近所の以前通ってた歯医者に予約を入れて行った。
なんと、予約の時間の直前に歯が痛くなくなるという大ファンブル。
なんだかんだで神経を抜いてもらって、痛くは無くなった。
痛くはないけど麻酔が切れて今はなんかすごく疼く感じがする。

IX2215入札

釣り上げ屋だったらしく、ギリギリで別垢入札されて沈没。
その後出し直しをしていたので試しに入札してみたら即高値で更新してきたので確定っぽい。
あーあ。

リングフィット

20分超え。過去のステージの達成度が意外と低いのでココらへんどうしようかな感。
あと、フィットスキルのマップが拡張されて〜〜〜Lv2が出てきた。

TODO

  • 衣替え

起きたこと

朝から歯が痛い

PPPoEパケットロス

今日はひどかった。pfSenseの管理画面でパケットロス30%を観測して、実用上もマズい以外の何者でもなかったのでOpenWRTのルーターをおもちゃ箱から復活させた。
実は、OpenWRTはMAP-Eに対応しているのだが、19.07.4ではWebからMAP-Eを設定することができない(Javascriptエラーで保存できない)。
このバグ自体は修正パッチがマージされているので、19.07.5?か、次のバージョンが出れば修正されると思われる。じゃあ /etc/config/network を手で編集すればいいじゃんという話なのだが、Twitteとかを見る限り、ひかり電話の契約がないとうまく動かないようだ(うちの環境でも動かなかった)
Javascriptエラーはともかく、こっちは…
本当に本当に、ひかり電話契約なしだと/64が降ってきてしまう仕様はどうにかしてほしい。/60くらいが降ってきてくれればなぁ… オプションでも良いからどうにかしてほしい。(月100円とかそういう感じで…)

IX2215入札

OpenWRTのMAP-Eでもウチでは動かないのがわかったので諦めてIX2215を買うことにした。RTX1210じゃないのは、中古価格が強気なのと、RTX1210から既に6年が経過していて、そろそろRTX1220がでるんじゃないかなぁという読み。
…と、もうRTXは飽きたので(!?) 違うコマンド体系なのを使ってみたいなという気持ち。
(IXのソフトウェアが中古でも入手可能ということがわかったというのもある)

リングフィット

色々あったので1ステージだけやった。

TODO

  • 衣替え

起きたこと

微妙な日だった。休息日

テレビ裏のぐちゃぐちゃを整理した。

テレビの冷却用スリットにタイラップを通して(タイラップに折り目をつけてから差し込むとなんとか入る)そこにワイヤーラックを引っ掛けた。あとはワイヤーラックに機器をタイラップどめしたり、ワイヤーラック用の棚をつけてそこに載せたり。
すごくスッキリしたというか、掃除が楽になった。とても良い。

Gnomeカスタマイズ

時計が真ん中なの気に入らない、dockぽくしたのがイマイチ。。。
とか色々とextensionを漁っていた。だんだんいい感じにはなってきたけども、なんでこんなの初期状態で入ってないの?っていうのが多い気がする。

PPPoEパケットロス

pfSense 2.5.5 がバグっていて2.4.xにダウングレードすると治る。
という動画がYouTubeに上がっていたので、試しにDevelopment Branchにしてみた。
通常ブランチからDevelに切り替えるとFreeBSD 11 -> 12 に更新されるようだ。
そして、いまのところパケットロスは収まっていて、なんか速度も早くなっているような…
このバージョンでとりあえず当面様子見することにする
正式なバージョンは 2.5.0-DEVELOPMENT (amd64) built on Sun Oct 25 07:01:12 EDT 2020
Updateの設定のBranchを Latest Stableに戻したので、おそらく2.5.1が出るまでは更新されないはず。2.5.0の正式版が出た時に更新してくれると一番良いんだけども。
→やっぱりダメでした。これは2.4.4に戻した方がいいかもしれない。

リングフィット

足関係が続いててなかなか責めてくる。
アシバタバタがつらい。

TODO

  • 衣替え
  • 炭酸ボトル買う