PERC H310 を導入した。

仮想マシンホストが、どうもI/O負荷をかけると落ちるのと、久しぶりにハードウェアRAIDカードを

使ってみたくなったのでヤフオクで購入した。送料込みで6000円くらい。

セットになっていたケーブルがHDD2台分しかなかったので、AmazonでSFF-8087->SATAのケーブルを購入。

(1500円くらい)

トラブル

H310を挿すとPCが起動しない。マザーボード上のPOST表示が15になった後勝手にリブートする。

# ちなみにマザーボードは GIGABYTE GA-Z87X-UD3H

不良品かと思って、もう一台のPC (Asrock Z77 Extreme 3)に挿すと普通に起動する。

なんだこれは・・・と思って色々とググると

「RAIDカードのB5 B6 ピンにビニールテープを貼ると動く」

http://yannickdekoeijer.blogspot.jp/2012/04/modding-dell-perc-6-sas-raidcontroller.html

・・・そんなアホなと思った物のやってみたら本当に動いた。色々調べて行くと、LSIのRAIDカードでは良くあることらしい。

もしかして、マザーを選ぶHP SmartArray P410も同じ事したら動くのかなぁ(まぁあれは違う問題あるので使わないけど)

# この記事はこれが書きたかっただけという。

トラブル2

後は、もう単純にRAIDカードのセットアップ画面でVD作って終わり。ESXi上では特にドライバを入れる必要もなく、認識されました。

#ただ、なぜか megaraid_sas をロードするところが長い。コントローラー再起動でもしてるのかっていうくらい

で、元のディスクからファイルをコピる際に、あ、ゴミフォルダあるじゃんと思って rm -rf hoge したら思いっきり対象フォルダ

間違えて、必要な所を消してしまったという。すぐにCTRL+Cしたので被害は200GBくらいのファイルで済んだようだけれども

・・・何が消えたのか正直わかりません。まぁいっか・・・大事な物は消えてなかったし。

おまけ

どうやら、 PERC H310 にはいくつか種別があり、それぞれでファームウェアが異なる模様。

https://forums.servethehome.com/index.php?threads/dell-perc-h310-adapter-different-versions.6419/

私が手に入れたのは、Precision H310 だったらしく、subdeviceid = 1f78 だった。これのファームウェアはA02で止まっていて、

同一カードなはずのPERC H310ならA10まで出ているのに何だかなぁという感じだったので、一か八かPERC H310のファームウェアを書き込んでみた。

megafl -adpm0flash -f FWxxxx.ROM と実行すると、書き込みが実行されて再起動してみるとファームウェアのバージョンが変わった

ことは確認出来た。(なんかバージョン番号の形式まで変わっちゃってるような雰囲気があるけれども)

まぁ気持ちの問題なので、コレで良しとする。

おまけ2

ESXi上のRAIDステータスの監視はものすごく鬼門(メーカー製サーバーを使っていない場合&&無償版の場合)

ESXi Hypervisor 6.5 を使っている今回は、

http://tagutagu.com/?page_id=976 の手順でMegaCLIを入れて、(実行時に ln -sが必要なのもここの記述通り)

# URLが404になっているので、 http://www.dell.com/support/article/us/en/19/SLN292235/en#Step2 ここのURLから

別途動かしているzabbix on RaspberryPi(raspbian) からexpectを使ってssh経由でMegaCliを叩いて、その結果を

頑張ってパースするという泣ける流れ。

ESXiを使って普通のPCと変わらない仮想マシンを作った

っていう話をQiitaにかいた。

なんというか、USB3.0拡張カードに電源さしてなかった。あほあほだー

っていうところだけが書きたかった。

でも、原因わかったとき、正直死にたくなった。。

我ながら本当に間抜けだわー。でも動いてよかった。

ちなみに巫女ベンチ動かしてみたら SCORE=437 でした。HDもいけるかも。

ちなみにこれ、何がしたかったかというと適当なデスクトップPCが一台あるんだけれども、

これ、GPUを差そうにもPCI-eが一つもなく、内蔵GPU使って普通に動くけれども、4K出力が

できないので、4kディスプレイにフルHDで出力みたいになってしまって非常に悲しかった

#4k出力自体は可能。ただしリフレッシュレート30Hzなので、酔う。

で、偶然Radeon HD7750が手に入ったので、一気にここで構成を変えて、このPCは廃棄か

横流ししようと。無事に達成できたので大変良かった。

ふるさと納税した

というかしないと損みたいな雰囲気が

あるので、ビッグウェーブに乗ってみた。 とはいえ、ふるさと納税するには、今年の収入額が

わからないと、いくら寄付していいのか分からない

→個人事業主の収入額は、収入−経費 で求められる。

→→収入はまだしも、経費の合計がある程度分からないと収入がわからないので寄付できない。

というコンボで去年はタイミングを逃してしまっていた。

最近は、事業用の経費をカードで決済するようにしたおかげで、やよいの青色申告に自動的に

データが蓄積されて、仕分けまでほぼ自動で済んでいる。なので、収入これくらいかなという

数字を出すことが出来たのでふるさと納税してみた。

じゃあ何に変えるかという話になるけど、今使ってるお財布がへろへろになっているので

これを変えたいので、その線で探して寄付した。普通にクレジットカード決済できるので楽。

#ただ、これを控除する手続きはどうやるのか分かってなかったり。確定申告と一緒に

#寄付証明書出せばそれで終わるのかな。書類が送られてくるはずだからそこに説明あるだろう多分。

MacBookProが修理から帰ってきた

実際は、もっと前に帰ってきてました。

修理にかかった日数は3日。とんでもなく早い。

水曜日:夜発送(ヤマトの人が取り来てくれて、本体渡すだけだった)

金曜日:修理開始のメールと修理完了したので発送メール

土曜日:到着していた(不在だったので受け取れず)

日曜日:受け取り

で、修理の内容が想像以上だった。

– 液晶のコーティング剥げに伴い、液晶部全部交換

– 左ファンから異音がしていたのでファン交換

– バッテリが異常なのでバッテリ交換。それに伴いボディが歪んでいたのでボディ交換

外装全部新品になって戻ってきてしまいました。ほんとすごい。

別にAppleの事は好きじゃない(むしろちょっと嫌い)なんだけど、MacBookProはこれからも

買い続けると思う。WindowsのノートPCにこれに相当する機種がないし。こんな手厚いサポート

されたんじゃ… ファンになりそう。

ちなみに、修理中はWindowsPCで仕事してたんだけど、フォントが美しくなくてつらかった。

MacTypeとか入れたりして悪あがきしたけど、それでもなんだかなぁ状態。

不思議なのは、Mac上のVMでWindows動かしてるときは全然気にならないんだけど、

何なんだろうこれ。すごく不思議。強いて言うなら、WindowsPCは4Kが出せなかったので

フルHDで使ってたことくらい。でも、Macで使う時もVMは非Retina解像度にしているので、

おなじようなもんなハズなんだけどなぁ…

#まぁ、PC側で拡大処理するのと、ディスプレイでやるのでは全然違うよね。という事だと思うけども

MacBook Proを修理に出すことにした

なにゆえ?

ずっと前から、冷却ファンがカタカタ音を立ててたけど、特定の回転数でしか音がしなかったので

だましだまし使い続けてきた。が。ある日、机にMacを置くと…

「ぶおおおおおおおおおおおおお!!!」

オフィス一体に鳴り響くファンの音、なんだこれはととりあえず電源OFF。

再起動してみるととりあえず、いつものカタカタ音に戻ったものの、さすがにこれは我慢の限界。

ついでに、液晶表面のコーティングも剥がれてしまって見た目がアレだったので、修理を決意。

Apple Care入ってるので恐らくファンは無償だろうと。

修理。

AppleのWebサイトにログインして登録してあるMacを選んで、サポートから電話をかけて欲しい。

みたいなオプションを選んだ。リクエストを送信してすぐに電話がかかってきた。

最初は、機械音声でオペレーターと話すなら1を。みたいな事言われるのでおとなしく1を選択。

#電話かけてって言ってるんだからいきなりオペレーターでいいような…

少し待ってオペレーターさんに症状を説明。このオペレーターさん、とても感じがよくて、

コーティングが剥がれた話をして、機能的には問題ないんですが…ビジュアル的につらいです。

って話したら、確かにそれは見た目的につらいですねぇ… と共感で返してくれてすごい好感度高かった。

#テクニックなんでしょうけれども。

かくかくしかじか説明すると、とりあえず他に報告上がってるか調べます。とのことで少し保留。

しばらく待つと、報告上がってるのでたぶん、大丈夫だと思います。と。

修理自体は、ヤマトが取りに来きてくれるそうで、梱包とか特に要りませんだそうで。

ついでに本体だけ出せばOK、ACアダプターとか要りませんからと。わー、えらい親切。

ただし、修理の際に初期化しちゃうかもしれないからバックアップ取ってね!って言われました。

Timemachineのバックアップは取っているけど、純正品じゃないので後で戻るかちょっと不安。

#昔のmacOS、なんかコマンドたたかないと非純正のNASにバックアップ取れなかったような。

#戻すときもおなじようにコマンドたたいてから戻さないと認識されなかったみたいな記憶。

まぁ、戻らなかったら再構築するのも悪くないかなーと。ゴミ溜まってるだろうし。

バイク納車されました。

** やっとこさ

納車されました。ちょっと遠くのバイク屋で買ったので帰るのに90分くらいかかりましたよ。

#よく考えたらチェーン店なんだから、近くの店で買えば良かったのに感。

納車直後はガソリン入ってないからまず入れないといけないって聞いていたので、

緊張しながらガソリン入れにいったわけですが、バイク屋の近所がガソリンスタンド(有人)

なので、セルフでどうやってガソリン入れればいいのかわからないというのはなかったのがせめてもの救い。

にしても、半年弱乗ってなかったのでいきなりエンストするわ、ギア変えるのが遅いわで

もう全然加速できなくて慣れるまで後ろにプチ渋滞を作ってしまった。とほほ。

でもまぁ、無事に帰ってこれたので良かった。これからあちこち行きたいなー

バイク注文してきた

今更?

中型免許を取ったのが6月10日、大型は7月4日、そしてやっとバイクを注文したという。

img_xj6