0%

オイルヒーターを買ったの巻

引越してからしばらくの間、仕事部屋がとっても快適だったんだけど、

冬が近づいてきたらなんと。寒い。

仕事部屋こと物置はエアコンがないのではてどうしたものかと。

試したことその1

リビングのエアコンを稼働させて、暖かい風をサーキュレータで吹き込む。

結果

効果が無いというわけではないけれども、室温がいまいち上がらない。

リビングが25度なのに仕事部屋が21度とかそんな感じ。しかも、体感温度が

低くて全然暖かくない。初冬までなら耐えられるけど本格的な冬は無理っ

ついでに、サーキュレータがうるさい。

で、あまりに寒くて手がかじかんできたので諦めてオイルヒーターを買うことにした。

何というか、オイルヒーター=ちょっと金持ち的なイメージがあったからというのが

理由だったりするんだけど、まぁそんな感じ。

お約束のヤフオクで調べてみると、オイルヒーターは古くて良ければ5000円もしない

ような雰囲気。ここまでは、その1の時に既に調べてたんだけど、モノを増やしたくなかったのと

消費電力が恐ろしいのを知ってちょっとなぁ・・・と思ってた。けどもうこれは、

背に腹は替えられないので購入することにした。

とりあえず今回の条件は以下

・最大消費電力1200〜1300W

これは単純にコンセントが2口しかなくて、PC系のものとコンセントを共有する必要があるから。

最大1500Wのだとまかり間違って全力運転させたらブレーカーが落ちちゃう。

#取説にはオイルヒーターだけでコンセント占拠させろと書いてあるので本当はダメ

・デロンギ製

これは単純に不要になったらデロンギに送ると無料で回収してくれるから。

あと、オイルヒーターといったらデロンギみたいな(ブランド信仰)

真面目な点だと、デロンギ製のフィンの部分の温度は60度で、他のブランドより低め。

なにやらフィンの形に工夫があって表面積が広いので温度が下がると。

#発生する熱量は使った電力に応じるのでどこも一緒。放射する熱量はどの製品でも同じ

#というか放射する熱量=暖かい度だから熱を放射しないと嬉しくない。

#ならフィンの表面積が広ければ表面温度が下がる。っていう理屈らしい

で、買いました。型番 H290912ECF。古すぎてWebサイトによると修理受付も終了済み。

#壊れたら新しいの買えばいいんだからどうでもいいけど

お値段たったの2500円。送料込みでも5000円行かない感じ。

そして使い心地。ステキ。確かに最初暖めるのは遅い。30分くらいは効いてこない。

でも、暖まってしまえばすごい。本当に部屋中ぽかぽかする。

今日の実績だとエアコンを切ったリビングが13度の所、仕事部屋は25度弱になってる。

そして静か。可動部ないから当然っちゃ当然だけど何も音がしない。

欠点もあって、なんかちょっとオイルっぽいにおいがする。

あと、やっぱり消費電力は・・・電気代の請求が怖い。

#ただ、この部屋はなぜか40A契約になってるのでマスターブレーカーは落ちなそう。

#少なくともエアコン・オイルヒーター・電子レンジを同時に使っても大丈夫。

・・・本当はこの部屋にエアコン付ければ良いんだけど、色々とめんどくさいんだよねぇ

#ちゃんと穴空いてるし。ベランダは詰めれば室外機置けるし。

冬はこれで越せるけど、夏が怖いなぁ。