0%

MacBookProを買い替えた件(その2)

そういえば、Macを買い替えたのははじめて。

TimeMachineのバックアップはとってあったものの、新しいマシンに

戻るのか? なんて思いながら新Macをとりあえず起動してみる。

駄目な例:

前のMacで使っていたユーザー名でユーザーを作ってログイン。

その後、TimeMachineをマウントしてそこからリストア。

→ パーミッションがおかしくなったっぽくて、うまく起動しない

アプリが多数。書類フォルダ以下なら普通に戻っていた。

とはいえ、なんか中途半端過ぎ。

成功したやりかた:

適当なユーザーを作ってログイン。その後、アプリケーション→ユーティリティ→移行アシスタントを起動。

TimeMachineのバックアップから移行みたいなのを選んで、サクサクっと戻す。

#適当なユーザーを作っているのは、同名のユーザーがいると移行アシスタントが

#エラーを吐いて止まるため。

この方法なら、インストールが必要なアプリ以外は問題なく戻った。

書類ももちろん戻る。

ちなみに、Time Capsule以外の普通のNASとかにTime Machineの

バックアップを作っている場合は、例のおまじない

defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

を叩いて、旧マシンで作ったsparsebundleファイルをマウントしてから

移行アシスタントを起動すれば認識してくれる。

Windowsだと、マシン変えたら再セットアップ→長い長いアップデート→

長い長い長いカスタマイズ

なのに、Macだとこんなに簡単に移行が済んでしまうのかと、ちょっと拍子抜け。

ついでに、新しいMacのTime Machineの設定も済ませる。MACアドレスがかわっているので

イメージ作り直しした程度。まぁ、簡単♪