0%

メモ Apache1.3xx mod_php をWindowsで

ついに本格的に新しい板を作ろうと…。

その前に自分の所でテストする環境作らなきゃね。というわけで

ちょっとがんばって作業をしてみたモノの…

やっぱりサーバーはLinuxに限りますか? 資料が少なくてちょっと苦労する

羽目になってしまいましたとさ。 あまりに資料がないので自分でやって成功

した結果を公開しておけば、ちっとは社会に貢献できるかもしれない。

※ この文書はメモです。

Apache 1.3.x mod_php インストールメモ。 2005/01/15

基本にした文書:PHP日本語版マニュアル

http://www.php.net/manual/ja/install.windows.apache1.php

基本的には上の通り作業をすればOK。

具体的には…

1 Apacheをインストール

http://www.apache.jp/ からダウンロード。

1.3.x系列と2.0.x系列があるが、サーバーが1.3.x系列を使っているのでそれに

あわせた。 このメモを書いた時点でバージョンは 1.3.33

Apacheはインストーラが付いていてインストールが楽々。

このときは g:\bin\apache にインストール。サービスとしては動かさない

設定にした。

2 PHPをインストール

http://www.php.net/ のDownloads からダウンロード。

上の方にあってちょっと見づらいリンクだけど…

これも 4.3.x系列 と5.0.x系列があるけど、サーバーにあわせて 4.3.xを選択。

書いた時点でのバージョンは 4.3.10 だった。

こっちは、解凍して終わり。 Apache から CGIとして動かす分には。だけど。

このときは g:\bin\php4 に解凍した。

3 PHPのDLLのコピー

PHPをApacheのモジュールとして動かすときには、PHPを解凍したディレクトリの

php4ts.lib と php4ts.dll をPHPを解凍したディレクトリ\sapi にコピーする。

#%SystemRoot%\System32 でも良いみたいだけど…気持ち悪いと思う。

4 Apache の httpd.conf 書き換え

PHPモジュールを使うようにするための作業。

追加 LoadModule php4_module g:/bin/php4/sapi/php4apache.dll

追加 AddModule mod_php4.c

追加 AddType application/x-httpd-php .php .phtml

追加 AddType application/x-httpd-php-source .phps

LoadModuleのパスはPHPを解凍した場所に書き替えること。

似たような事が書いてある所の最後に追加すればOK。

5 PHP.ini をApacheのディレクトリにコピー

%SystemRoot%(要するにc:\windows)に置いても可。

探す順番は Apacheのディレクトリ → %SystemRoot% な模様。

これでApacheを再起動させれば、PHPが動作可能になっているはず。

私の場合はPostgreSQLを使いたかったので、さらに以下の作業をした。

6 PHP.ini を書き換えて PostgreSQLプラグインを読ませる。

PHP.ini内の以下を書き換え。

extension_dir=”G:\bin\php4\extensions”

extension=php_pgsql.dll

例によって、パスは適時読み替えのこと。

二行目はセミコロン(;) でコメントアウトされているのを外すだけ。

書き換え終わったらApacheを再起動するのを忘れずに。